スタッフブログ

作業員が見た孤独死されたお宅の特徴とは!?

2019.11.09

こんにちはハートナイズ埼玉です。

 

今回は、遺品整理をさせて頂く孤独死をされたお宅の特徴をご紹介させて頂きます。

そもそも、

孤独死(こどくし)とは主に一人暮らしの人が誰にも看取られることなく、当人の住居内などで生活中の突発的な疾病などによって死亡することを指す。特に重篤化しても助けを呼べずに亡くなっている状況を表す。

(Wikipediaより抜粋)

また、現在国による孤独死の定義が無いため、年間で孤独死された故人の正確な実数は算出されておりません。

 

そこで、民間の調査機関「ニッセイ基礎研究所」(東京)は11年、東京23区での孤独死者数と全国の人口動態統計のデータを使って、全国の65歳以上の孤独死者数の推計値を出した。「自宅で死亡し、死後2日以上経過」を「孤立死」と定義した場合、年間で2万6821人にのぼったという。

https://www.asahi.com/articles/ASL5X55P8L5XTIPE026.html

 

我々ハートナイズ埼玉では、家族に看取られる事無く、ひっそりとご自宅でお亡くなりなった主亡きご自宅を遺品整理させて頂いております。

 

今回は、草加市の団地での現場となりますが、過去の遺品整理作業時にも似通った事があった為、ご紹介させて頂きます。

 

 

4枚の画像を見て、感想は人それぞれ

だと思います。

 

今回は、少し極端な例となってしまいますが、孤独死現場の特徴という意味では、決して珍しい光景ではありません。

 

私が感じたその特徴とは、

 

①荷物の多さ

これは、単に荷物が多い少ないというよりは、ご趣味や故人様の好きだった物が多いという意味になります。

今回の場合でいえば、本や雑誌類等の書物と、音楽関係が荷物の大半を占めており、2DKのお部屋から運び出した書物は全部で7tとなりました。

今回に限らず、ご趣味や好きな物は人それぞれ違います。

他にも今まであった事例では、洋服であったりお人形、食器類という事も有りました。

 

②ギャップのあるお部屋

荷物は多いものの、本は本棚に陳列し、CD等も専用ケースに収納している。

お洋服が多かった現場でも、服はクリーニングに出されたのか、ほぼ全てがビニール梱包されている等、所謂ゴミ屋敷とは一線を画しているという事です。

 

本来は、片付けもきちんと出来て綺麗だったはずなのに、1人になった淋しさを埋めるかのように自分の好きな物でお部屋を埋めていたのでは!?と想像すると、悲しい気持ちになります。

 

私も仕事を通して普段は疎遠になっている両親に、1年に1度は顔を出して様子を見に行こうと思いました。

 

皆様も是非、1年に1度はご両親のご様子を見に行って頂ければと思います。

 

また、画像のようにお荷物が多い

荷物を少しでも減らしたい

など、有りましたら

我々ハートナイズ埼玉にお任せ下さい。

ハートナイズ埼玉は埼玉県全域に対応しております。

即日対応

~お見積無料~

お気軽にご相談ください。

上尾市 朝霞市 伊奈町 入間市 小鹿野町 小川町 桶川市
越生町 春日部市 加須市 神川町 上里町 川口市 川越市
川島町 北本市 行田市 久喜市 熊谷市 鴻巣市 越谷市
さいたま市 坂戸市 幸手市 狭山市 志木市 白岡市 杉戸町
草加市 秩父市 鶴ヶ島市 ときがわ町 所沢市 戸田市
長瀞町 滑川町 新座市 蓮田市 鳩山町 羽生市 飯能市
東秩父村 東松山市 日高市 深谷市 富士見市 ふじみ野市
本庄市 松伏町 三郷市 美里町 皆野町 宮代町 三芳町
毛呂山町 八潮市 横瀬町 吉川市 吉見町 寄居町 嵐山町
和光市 蕨市

 

 

 

投稿者:ハートナイズHEARTNIZE 埼玉

日本人の意外な死因とは!?

2019.11.06

こんにちはハートナイズです。

私どもは埼玉県の遺品整理、ゴミ清掃、特殊清掃などをやらせて頂いております。

個人を偲び、ご遺族の思いに寄り添いながら「こころ」の整理もして差し上げられたら・・・

こんなコンセプトのもと、遺品整理、生前整理、老後整理などのサービスを展開しております。

 

本日のテーマは、誰しもが迎える

では、その

【死因】

について触れて起きたいと

思います。

 

我々、ハートナイズで行っております

遺品整理

即ち、故人のお宅、お部屋の整理を

お手伝いさせて頂いておりますが、

やはり普段の生きていらっしゃる

お客様の時とは別の緊張感や

違った感覚を覚え、ふと死とは

誰にでも訪れるはずなのに、

何処かで自分とはまだ無関係な

ように過ごしておりました。

しかしながら、仕事をしていく中で

現実に悲しみに堪えていらっしゃる

ご遺族様

家族との思い出の詰まったであろう

お部屋での遺品整理

少しずつでは有るものの、

やはり身近では起こっている

そもそも、どうして亡くなってしまったのか?

死因について考えるようになりました。

そんな中で少し前になりますが、

気になる記事を見つけたので

ご紹介させて頂きます。

https://doctor.mynavi.jp/contents/column/rousui/

この記事は、今年の7月にマイナビDOCTORさんにて掲載しておりました。

日本人の死因において、

第1位 悪性新生物

第2位 心血管疾患

第3位 老衰

 

統計の数値は、2018年に厚生労働省が発表したものとなっており、初めて我々日本人の三大死因に老衰がランクインしました。

また老衰という言葉も初めて聞く言葉では無いため、以前までの私なら正直、気にも止めなかったと思います。

 

では何故に【老衰】という死因を

ご紹介しようと思ったかと言うと、

 

今年8月の週刊現代さんの記事にて

https://gendai.ismedia.jp/articles/amp/66385

 

記事内には、ある一つの理想の死因として、老衰という言葉は肯定的に唱えられています。

私も老衰死というのは、この記事を読むまで肯定的に感じておりました。

もし、私と同じ考えならば、

是非、最後までお付き合い下さい!

きっと、また違った視点、考え方に

なるのではと思います。

記事2ページ目よりは、

冒頭に普段私達が思い描く老衰として、

年老いて体力が徐々に低下していき

ゆっくりと死に向かって行くイメージ

突然死とは真逆に書かれております。

そこから、医学的な【老衰】の定義説明等や実際にお父様を老衰で亡くされているご遺族様の体験等を記載しております。

 

私が上記記事で衝撃を受けたのは、

以下の記事を転載させて頂きます。

「ぽけっと」代表・上田浩美氏は、

老衰

もうひとつの側面

をこう指摘する。

「いわゆる孤独死といわれている人たちの死因は、実はほとんどが老衰なんです。彼らは社会との接点を失い、50~60代以上の年齢に差し掛かっても外部と関わることなく引き籠もり生活を送っている。

+そんな人たちは目の前の生活に絶望し、食事もまともに摂らない。生きる気力を失い、限りなく自殺に近い老衰を選択するようになるんです。この現実をみても、老衰と一口にいっても実態は悲惨な現実がある。その点を忘れてはいけません」

 

考えた事は有りましたか?

自殺に近い老衰

という側面があることを!

衝撃的な言葉です。

 

現代社会で耳にする、老衰、孤独死、自殺、引き籠もり

1つ1つのフレーズを取れば、初めて聞く言葉は無いと思います。

でも、このフレーズがイコールで結び付いてしまう事が実際に起きているんです。

今現在、死因として増え続けている

老衰

従来までの視点、考え方とは少し違った印象になるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

投稿者:ハートナイズHEARTNIZE 埼玉

とある現場風景①

2019.11.02

こんにちはハートナイズです。

私どもは埼玉県の遺品整理、ゴミ清掃、特殊清掃などをやらせて頂いております。

個人を偲び、ご遺族の思いに寄り添いながら「こころ」の整理もして差し上げられたら・・・

こんなコンセプトのもと、遺品整理、生前整理、老後整理などのサービスを展開しております。

 

本日は、現場作業の風景をご紹介させて頂きます。

 

今回の現場は、お引っ越し後に伴う片付け案件となります。

現場到着~🌠

趣のある邸宅たぜぃ~

誰もが躊躇う1番手

 

はいはぁ~い!✋

解ってますよぁ~

ここは、ハートナイズの特攻隊長の私がお部屋へご訪問~

お部屋から玄関方向に向けてパシャり!

不吉な段ボールがあるじゃないですか

正面の扉は~

どこでもぉ~

トイレ頂きました❗

さぁ~て気を取り直して、回れ右していざ本陣へ

ふぅ~む!

今回は引越した依頼者様よりの片付け案件!

荷物も結構有りそーだ

リビングには、家電製品等やキッチン回りには調味料などの瓶を発見!

ご依頼者様が荷物もまとめて下さってくれているお蔭で作業もスムーズに進みそーで何より

 

そして気付きましたか?

今までご紹介してきたのは、1階部分

そぉ~です!

まだ2階までたどり着けておりませぬ

お2階の状況は、とある現場風景②にてご紹介させて頂きます。

それでは

投稿者:ハートナイズHEARTNIZE 埼玉

PAGE TOP